動画配信サービスのU-NEXTは、もともとはUSEN(有線放送)の会社が母体です。
U-NEXTの「U」はUSENの名残なんでしょうね。

その後、映像配信サービスのGyaOを経由して今のU-NEXT株式会社になりました。
歴史が長いメイドインジャパンの動画配信サービス会社です。

他の動画配信サービスとの違いは、電子書籍も見れるってところでしょうか。
月額料金は1,990円(税抜)と高いですが、有料会員には毎月1200ポイントがつきます。

ポイントを使って有料の動画や電子書籍を見ることができます。
ポイントを使って、映画館で映画が見れるクーポンと交換することもできます。

1200ポイントを引くと790円(税抜)のサービス!という実態を持っています。

1200円安くして欲しいという声も聞こえますが、他の動画配信サービスでもポイントが必要だったり、課金サービスはあるもので、コスパとしてはU-NEXTはダントツですね。

U-NEXTの特徴をまとめてみました。(料金やタイトル数などの情報は2020年10月時点公式サイトより)

U-NEXTのここに注目!

U-NEXTは映画・ドラマ・アニメ・音楽が月額1,990円(税抜)で見放題(※)というサービスです。
※ポイントを使うコンテンツ、セールコンテンツもあります。

主な特徴

  • 月額1,990円(税抜)と他の動画配信サービスより高め
  • 200,000 本以上の動画と80誌以上の雑誌が見放題&読み放題
  • 初回31日間無料
  • いつでもどこでも楽しめる
  • 同時視聴アカウントは4つ
  • 大人向け作品が見られる

他の動画配信サービスと比べると料金が高いですが、雑誌や本が読める、ポイントで買えるというサービスが特徴ですね。

そして、大人向け作品も見られるのも強みです。

いつでもどこでも楽しめる

U-NEXTは、スマホ・PC・テレビなどいろんなデバイスで観られます。


家族で、ひとりで、通勤時間や通学時間に好きなとき、好きな場所で観られます。

家族での利用では、アカウントが4つ作れるので便利です。

テレビとスマホ、パソコンとタブレットなどです。

※スマホ、テレビの対応機種は公式サイトで確認できます。

お互いのアカウントの履歴がわからない仕組み

他の動画配信サービスでも複数アカウントは当たり前ですね。

U-NEXTのアカウント設定には特徴があります。

それは、契約しているメインアカウントと子アカウントの違いです。
お互いの視聴履歴が気になるところですが、それは見られない仕組みです。

それと、大人用作品はスマホやタブレットのアプリでは見られないんですね。
ブラウザからログインして見るという仕組みです。

家族はアプリで、お父さんはブラウザで・・・・

ダウンロードして観ることもできる

お気に入りのコンテンツを自宅のWi-Fiでダウンロードしておけば、通勤中や屋外でも通信量を気にせず楽しめます。※一部ダウンロード非対応作品があります。

子どもとお出かけの時もスマホにダウンロードしておけば通信料金を気にせずに楽しめます。

U-NEXT利用者の声

利用者の声
  • 新しい作品が見放題になるのが早い。作品数がとにかく多い。
  • 韓国映画もバッチリ!韓国ドラマ・映画見放題1位
  • U-NEXTを契約するまではTSUTAYAでレンタルしていたけど2,000円超えてたので、月1,990円でも高いと思わない。1200ポイントを上手に使ってます。
  • NHKオンデマンドも見られるので、見逃した特番も見られる。
  • 洋画や邦画はオリジナル作品がないけど、大人向け作品にはFALENOがある。

ネトフリとかHuluにあるようなオリジナル作品はないけどとにかく本数が多いのが特徴です。

雑誌読み放題サービスに数百円を払っているなら元を取れちゃいますね。

どんな作品が見れて、どんな雑誌が読めるのか?

有料やポイントが必要な動画はどんな映画なのか?

無料トライアルの31日でも600ポイントが使える!

大人向けサービスも無料トライアルでバッチリ視聴できる!

詳しくは公式サイトで確認してください。

無料お試しは公式サイトで!